la-luz ラルース
la-luz ラルース

サイト内検索


itutu イツツ
la luz ラ・ルース
ブランド名のkijihikiの由来ともなっている木地挽き技法は、平安時代から続いていると言われています。小田原寄木の木製品は、素材に日本古来の銘木けやき桜材を使用しています。

日下部一郎氏により創設されたkijihiki。現在、三代目の日下部宜志氏にその技が受け継がれています。kijihiki製品の特徴は、一つ一つの木の特長を生かし組み合わせ、ひとつの製品に仕上げていることです。

kijihiki キジヒキ
独自の接着技術により隙間のない堅牢な角を作り、さらに轆轤(ろくろ)法や仕上げ加工をして木目柾目板目の特長を生かし、最新の塗装法で塗面の強さは最高級です。
製品の一片一片、ひとつひとつに優秀な職人さんの手加工が生き、実用木製品としても最も優れた手工芸品として親しまれています。

その造形美と実用性の高さから、帝国ホテル・ホテルニューオータニ等様々なホテルやレストランで使用されています。
kijihiki キジヒキ
kijihiki キジヒキ
kijihiki キジヒキ
kijihiki キジヒキ
刃物は職人さんの命ともいうべき物です。それぞれの道具の扱い方に職人さんそれぞれの癖があるため、自分にぴったりと合った道具を作る必要があります。自ら鍛冶屋をし、刃物を造ります。
kijihiki キジヒキ
■木取り
製品の大きさに木材を切っていく作業
■削り
同じ厚みになるように木材を切っていく作業
■接着
削った木材をしっかりと接着
■抜き
ボウルの形になるように木を抜く

接着・抜きの作業は企業秘密です。
kijihiki キジヒキ
轆轤(ロクロ)作業は「刃物造りから始まり刃物造りで終わる」という位、刃物が切れるように研ぐ時間を取ります。mm単位での削りを長年培った感覚を研ぎ澄まして行っていきます。
最後にしっとりとむらなく塗りを繰り返し完成です。
kijihiki キジヒキ
kijihiki キジヒキ  
kijihiki キジヒキ
伝統ある技術を受け継いで物造りをしている喜びを是非、後世に残したいと考えています。伝統工芸として、また実用的な木製品としてひとつの「作品」を作り上げてみたいと願っている方がいたら是非お知らせください。
日下部宜志





kijihiki キジヒキ

刃部分は実はフォードのマグネット!先代が集めた物を大切に使用しています。

kijihiki キジヒキ
■ 加工調整事項 洗浄試験
■ 加工調整方法 【試験条件】 
洗浄温度=60℃ すすぎ温度=80℃
1 洗浄サイクル=90 秒(洗浄=70 秒→休止=5 秒→すすぎ=7 秒→休止=8 秒)
使用洗剤=ジョンソンディバーシー(株)製プロデュシャイン 濃度=0.15% PH=11
乾燥剤=ジョンソンディバーシー(株)ドライイット
食器洗浄機=轟産業(株)製 TJW-300TD
洗浄試験の様子

洗浄試験前
300回サイクル後
600回サイクル後
1,000回サイクル後

1、000回サイクル後でもツヤは保たれており、割れなども発生しませんでした。
従来の木製の器に比べ、耐久性や耐水性に優れていることをこの洗浄試験において証明することができました。
※この試験は塗装の耐久性をテストしたものです。食洗機での洗浄を推奨しているものではありません。
 

商品一覧
サラダボール




 
ラ・ルース トップ ご利用ガイド ラ・ルースについて 企業の皆さまへ オンラインショップ